進学目的の塾

小学校から私立中学に進学するときや難関高校や難関大学への進学を目指したいとき、学校の勉強だけでは足りない時があります。その時に利用する進学塾のタイプを知っておくと、迷わずに自分に合った塾を選べるでしょう。

少人数制の塾のメリットって何?

少人数制の塾は、一人一人に合わせた指導を受けられるのが一番のメリットです。学習の進度には個人差があるため、学校や集団指導では勉強についていけない生徒も出てきます。少人数制の塾では学力によるクラス分…

個別指導塾の授業の方法はどうなっているの?

個別指導塾は、先生一人に対して生徒5人以下で授業を行います。先生が一人の生徒に解説をしている間に、他の生徒は問題を解いていることが多いです。先生一人・生徒一人の場合は、先生につきっきりで教えてもら…

学習サービス以外のポイントを教えて!!

受験で勝つためには、様々な情報をもとに戦略をたてなければいけません。一人ひとりの受験生に合わせた学校選びのアドバイスやその先の大学などへの進学実績の提供ができることは当然のことでしょう。さらには、…

個別指導の良いところ

個別指導の良いところは、見落としがちな部分をしっかり分析して1:1あるいは1:2で指導してもらえるところです。

学習支援目的の塾

塾の雰囲気はどんな感じなの?

イメージが湧きやすいのは、学校と同じ授業形式のものです。学校と同じ内容の単元を講義するタイプや、テスト対策として問題演習を中心に行うタイプなど、塾によって様々なタイプがあります。塾独自のテキストが…

進学に向けた指導はしてくれるの?

学習支援を目的としている塾の中でも、大学受験や高校受験などの対策がしっかりとしているところは、多くの中高生にとって頼れる存在となっています。特に、難関校の合格を目指すにあたっては、カリキュラムの内…

塾ではどんなテキストを使うの?

それぞれの学校で使っている教科書

塾の中には進学をメインに置いているところもあれば、学習の遅れを取り戻したり定期テスト対策を中心に学べるところもあります。学習支援の塾でも進学相談には乗ってもらえますが、超が付くような進学校などの対応は難しいかもしれません。ではどんなテキストが使われているかですが、特に塾でテキストを用意しないところもあります。学習の遅れがある生徒にとって、学校以上の内容を教えてもらっても困ります。まずはテキストの内容をしっかり理解するため、学校の教科書や学校で配布されている教材が使われます。定期テストも教科書からの出題になるので、塾の方で別途テキストを購入させたりしません。適宜プリントなどでわかりにくい部分の対応をしてくれます。

学年ごとでなく生徒に合わせた教材を用意

学校では年齢で学年が決まっています。4月2日生まれから翌年の4月1日生まれまでが同じ学年になり、それぞれの学年で同じ勉強をします。ただすべての生徒が授業について行けるわけではなく、小学校の3年生なのに2年生の内容を理解できていない子などがいます。逆に自分で3年生分の勉強をすべて終えてしまっている子などもいます。学習支援タイプの塾で使われるテキストとして、生徒に合わせた教材を用意してくれます。先生が塾に来る子に毎回その子用の教材を渡してすべて正解が得られるまで勉強させます。3年生の子に2年生用などと書かれているとやる気が失われる可能性があるので、何年生用などとは書かれていません。レベルが上がればそれに合わせた教材が配布されます。